カルティエ【メンズ】まるわかり

カルティエのメンズ用ウォッチには、深い魅力が長い歴史とともに封じ込められています。

タンクのウォッチは、伝説を誕生させたことにもなります。その歴史は古く、生まれたのは1917年という歴史があります。最初の対応は将軍へのプレゼント、それから数年の時を経て、1919年には正式なタンクウォッチが一般的にも発売されました。ラインはとてもシンプル、ケースはシャープな角を持ち、アタッチメントとの接点はカバーされている、実にユニークなデザインが特徴です。

ブルーのサファイアを閉じ込めてる、風声のような軽やかなフォルムは、魅惑的な手首を飾る、そんな時計がバロンブルーです。リューズにはサファイアカボションをあしらい、アーチは貴金属、軌跡を描くのは、リューズに沿ってのローマ数字です。ポリッシュ仕上げのリンクスに、特徴ある彫りを施したダイアル、まるで風船のような見た目に目が釘付けです。

ドライブ ドゥ カルティエは、ほかにはない確固たる存在感を持つ、表情が豊かなウォッチのデザインです。

際立つ個性とスケールがあるのは、カリブルのラウンド型のフォルムによるウォッチです。自社にある工房により開発をして、製造までを手がけている、自動巻きメカニカルムーブメントです。新生代のメンズ用の、スペシャルなウォッチです。

飛行中に時間を確認したい、そんなリクエストに応えて誕生をしたのはサントスです。有名な飛行士は、飛行をしている時にも、その時刻を確認したいという願いを持っていました。その願いを叶えたのがカルティエであり、1904年のことです。世界で初めての腕時計を誕生させたのは、2名の世界でも有名なパイオニアの、不快友情があってこそです。

トーチュウォッチの創作がされたのは、1912年のことであり、その形状は亀の甲羅のスタイルをしています。その当時の腕時計のスタンダードはラウンドケース、まさに甲羅型の腕時計は前衛的なフォルムだったわけです。

クレ ドゥ カルティエは、なめらかで丸みを帯びている側面が魅力的、特徴的なリューズにより、ネーミングの鍵の名前がつけられています。制度も調和も追求されていますし、技術は卓越したものがあります。ラインは流れるような美しさ、トータルのハーモニーも心地の良さを感じさせます。

洗練されたムーブメントの中にあるのが、ロトンドのウォッチです。自動巻きメカニカルムーブメントによる、マニュファクチュールは、広く世界的にも愛されるシリーズです。